たまにはいいじゃないですか

こうでなければならないって 自分を理想的な人物にするために ポリシーを掲げて生きていても、 イラッとくる瞬間てあるはずなのに、 いいえ、私がそんな事にイラつくはずないじゃんとかカッコつけて、 平気平気と見過ごしていると、 いつの間にか何故か知らないけどイライラが溜まっていて、 気が付いた頃には爆発寸前! …