心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

わかってくれないパートナーにストレス

こんにちわ、熊本では余震が続き

不安な日々を過ごしておられるでしょう。

一刻も早く安心した生活ができるように

政府の対応が早急に進みますよう。

みなさんが助け励まし合い生きる力を増すようお祈り申し上げます。

 

今日は夫婦間について。

 

今回は先日ご相談にこられたKさんのお悩みを紹介します。

 

Kさんは 夫、娘、息子の4人家族でパート社員。

毎日朝家事をこなしてから仕事に出かけ、

夕方子供を迎えて戻りうちの事をし、お子さんと過ごし、旦那さんが帰る頃にはヘトヘトという日々をすごす。

少しは手伝って欲しいと思っても、旦那さんは気がつかないどころか頼むと嫌な顔さえする。

生活費はギリギリなのに、旦那さんはかなり自由に趣味に費やすとのこと。

土日も家族と触れ合うよりは、自分の世界にこもってしまうのだそう。

Kさんの我慢も限界に近づいていました。

 

Kさんは旦那さんに話し合いを持ちかけるそうですが、

旦那さんは冷静さを失い攻撃的になってしまい話し合いにはならない、

どうしたらよいかというご相談でした。

 

 夫婦間の星回り

お二人の今年の年運を見てみますと、

Kさんは劫財、旦那さんは傷官と、

まさにご相談の内容どおりの星回りでした。

 劫財は財や人と離れる、自我が強烈に出る反面紳士的に対応したい気持ちになり

心が相反してストレス生み、

気の知れた人にはわがままがでやすい星。

Kさんもは自分はこれほど精一杯やっているのにわかってもらえず、星も影響してつい強く出てしまうのでしょう。

 

一方旦那さんの傷官は、自分ワールドの中で没頭できることにとことんのめりこむ、

このワールドを邪魔するものはみんな嫌い、プライドを重んじて周りと壁を作り、

理由も無く焦りまくる星。

というわけで、Kさんの要求をうるさく嫌がるのもうなずけます。

 

 互いに自分の気持ちが強く出るわけですから、当然思いやりにはかけてしまう。

話し合い、といっても妻と夫がお互いに思いやりがない中ではどちらの意見も飲み込めない状態でしょう。ケンカになってしまうのは当然と言えるでしょう。

 

夫婦はバランス

夫婦間でどちらか一方に負担が大きいと

夫婦のバランスがとれず、結婚生活が継続困難になります。

 

占い上相性が悪いということは、互いの巡る星回りも合わないということにつながる事が多く、また育った環境が全然違うこともよくあります。 

すれ違いの大きな原因です。

互いを理解するのにひとつの人生かけても理解できないこともあるでしょう。

結婚とは魂が互いに学び合う絶好のステージなんでしょうね。

 

相性が悪いと感じる夫婦ほど、

実は相手の気持ちをわかってあげられる器をもった人たちです。

 

人は生まれてくる前に、自分の人生の試練をある程度自分で決めてくるといいます。

とてもじゃないけど耐えられそうもないことも、

自分が試される試練に、超えられないものはないでしょう。

 

互いの立場を理解し、赦し、受け止める。

この愛を学ぶために時を超えてこの地を選び、

巡り会うために取捨選択して出会った2人。

 

ご相談にこられたということは、

そのことに真剣に向き合っているということ。

Kさんなら解決できるとおもい、

相手を指摘することで変えるのではなく

ご自分から変わる事で相手が変わるように、アドバイスをさせていただきました。

 

結婚生活が困難に直面している方へ。

結婚生活に小さくても喜びを見出し

人生を共に助け合ってゆけるパートナーに

時間をかけて育ててゆける間柄になれることを

心からお祈り申し上げます。