読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

こう考えれば楽になる

考え方・生き方 目に見えない世界のこと 試練の時

私たちの生きる世界では、

法律があって、悪いことをすれば罰を与えられますよね。

でもそれは、事実が公然と明らかになってはじめて当てはめられることであり、

日の目を見ない出来事は裁かれません。

でも世の中は、起訴すれば重い罰を与えられる見えない犯罪にあふれています。

 

故意であれ無意識であれ

悪いことをしてしまったけれど、

そのままにして

どんなに誰にもわからなかろうと、

悪い事は悪い事。

 

宇宙の法則があって、

誰にもバレないだろうとか、法律の網目をスルーしても、

悪いこと1はペナルティ1です。

悪いことをしたらいつの日か必ず自分に返ってきます。

 

 

反対に、悪いことをされたとき

相手についカッとなって「仕返し」をしてそのペナルティにしようと思ってしまいますよね。

でもここで自分は悪いことをしないと決めて我慢してぐっと堪えていれば、

負の連鎖は終わります。

耐えた分の恩恵が必ずやってきます。

 

そして、本当はやっつけたい相手でしたが、

神様は見ています。

必ず宇宙の法則は発動し、悪いことをした人に別の形でペナルティが発生するのです。

しかもほとんど同じような悪いことが。

 

結局悪いことは悪いこととしてまた返ってくるんです。

 

だったら自分は仕返しをしないで、

愛を持ってその事態を収束する。

そうすることで二次的被害は収まるし、

我慢したあなたは相手の10倍も成長し、もう同じ次元にはいません。

 

レベルが上がったあなたに、これからは同じような被害は起きないでしょう。

 

 そして仕返しをしないで収束したという徳が積まれ、

 あなたの望む良い事が叶うようになります。

 

どんな形であれ、無力への暴力や差別は

結果的に悲しみしか生みません。

 

一時的にスッとしたり、優越感があったとしても、

結局心は満たされません。

 

その分のカルマを背負う事になるわけです。

カルマはいつの日か清算しなければなりません。