読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

旦那がムカつく!許せない!

夫婦をやってるとどうして優しさを忘れてしまうのでしょうか?

 

 

日々の仕事に忙殺されていて余裕がないからでしょうか?

または、 相手にして欲しい事があるのに

それが叶えてもらえず腹が立っているから?

もしくは、 付き合いたての頃は新鮮でそこに惹かれたかもしれない

相手の癖や考え方が次第に理解できなくなって

果ては許せなくなってイラつく要素になっていったからでしょうか、、、?

 

結婚式の頃を思い出すと

ちょっとだけ優しくなれたりしますが、

 ちょっとした優しさくらいではこの積年の感情を

払拭できる力はないでしょうね^^;。

 

 

妻の言い分

 

妻から言わせてもらえば、

・話しかけてもつまらなそうにする、

・会話が続かない、

・気が利かないし、何一つ手伝ってくれない。

・自分がこんなにも大変なのに一日中スマホを見続けている。

・子供を可愛がってくれない、

・私はこんなに節約をしているのに平気で高額なものを買う。

・理解の範疇を超える事を平気でしでかす。

 

・・・と、妻の意見はヤマのようにあるわけです。

ここまでたくさんの不満を抱えていては妻が爆発するか、

冷たくなるのは時間の問題ですね。

 

しかし妻側の本当の気持ちとしては、

「なんとか修復しようと話し合いや譲歩をしている」のですが、

夫は一向に変わらない。とりあってもらえない。

むしろ逆ギレされて大喧嘩になってしまい、

もうどうしたらいいのかわからない。

という状態なのを夫が気が付いていないこともあるかもしれません。

 

 

話し合いにならない状態を放置すると

 

話し合いが怒鳴り合いになり、ひどい反撃をくらってしまうと

こころに切り傷や打撲出できて、回復しないまま炎症を起こし、

長期治療しないといけなくなってしまっている状態なのかもしれません。

炎症がくすぶっているので、妻は穏やかではないのです。

穏やかでないを通り越して、「冷ややか」で無関心に発展します。

でもそんな時にはもう「ておくれ」であることだってあるのです。

 

 

先日のテレビ番組しくじり先生

歌手でタレントの高橋ジョージさんが

ご自身の離婚の経緯を涙ながらに教授されていた中で、こんな事を言っていました。

 

「男性の方々はね!

外ではどんなにいきがっていても、

家に帰ったらね、

広げていた羽を納めて(羽をしまうジェスチャーをしながら)、

大人しくしてましょうよ!」

 

「年をとってしまったら!出会いなんかないんです!

奥さんがいないから、毎日外食なんです!」

 

みたいな事をおっしゃっていました。

自分がいきがって奥さんに説教しすぎたり、

自分が稼いでいるんだと偉そうにふんぞり返っていたため

きっと奥さんは嫌になってしまったのだろうということを言っていました。

 高橋さんは独りになってからずいぶんと奥様の大切さを身にしみて

とても反省しておられました。

 

 

妻が本当に求めているもの=「平和」「安定」「喜び」

 

手遅れになって、妻が諦めてしまうまえに

 男性には知っておいてほしい事があります。

 それは、

女性は

「愛されたい」

「共感してもらいたい」

「女性としてみてもらいたい」

ということが根底にある、ということです。

 

心の傷が深くて今さらそんなことどうでもいいと思っている女性でも、

毎日大事にされ、共感してくれ、褒めてくれることを実感できれば、

地獄から抜け出せることもあると思います。

 

忙しい女性は優しさも思い出せないくらい、追い詰められています。

 その結果、「自分は本当に忙しく息をつく暇もないんだから、少しは気を利かせて手伝って!」という激しい表現になって出てきます。

 

またその人の大変な状況を理解し、

感謝の気持ちを言葉で表してくれたならどんなに気持が落ち着くことかと思います。

 

ex.「子育てで大変なのに、パートにでてもらったり、掃除や洗濯、おいしい食事に本当に感謝してるよ。君が頑張ってくれているから、

自分は仕事に専念できている。今日も安心して布団に入れるよ」

なんて言ってもらえたら、

疲れた妻の心も少しはほぐれるのではないでしょうか?

 

 

本当に手伝ってくれないとマズイ場合もある

 

しかしそんな言葉ももう心に入る隙間も無いほどに疲弊している妻もいます。

本当に手伝ってくれないと日々が回らない状況の妻の場合、

これは限界がくるほど頑張りすぎています。

 

フルタイムの共稼ならば、それは家事育児分担をしなければ、奥さんは鬼になってしまいます。(女は与えられた任務はどんなものも全うするのです。その結果鬼のようにフルパワーにならなればその任務は遂行できません。)

 

いつもガミガミ文句を言いたくなるのには、

本当に助けて!という心の叫びが散り散りに仕込まれているのではないでしょうか。

 

 

奥様が趣味や友達に100%身を委ねる前に

 今日から意識していただきたいですね☆

 

 これだと男性が一方的に悪いみたいなので

女性が理解しなければいけない事も

 

また今度綴ってみたいと思います!

 

 

 

kokoronoiyashi.hatenablog.jp