読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

女性も男性も子供も甘酒飲みましょう

 

 

今日は申し訳ありませんが

ハイテンションで書きたいままに書いていきます、お付き合いしてくださった方感謝します(^-^)

 

 

若い頃は美肌が最強の武器

 

若い頃は、細い人もみんな顔がぱんぱんで

艶めいていて、ファンデーションなんか塗らない方がキレイと私は思います。

 

私も子供を産むまでは「肌がきれい」と言われ続けてきました(いきなり自画自賛)

当の本人は肌の悩みがほぼ無かったので、

肌を褒められる事にさほど称賛を覚えませんでした。

 

そんな肌に無関心な私も

子を身ごもってからものすごいシミができはじめました。

 

その後の現在も衰える事なくシミは生成され続けています。

 

 

そもそもシミができやすい人は色白なんだとか。もうなんの効力もないですが!

 

加えて皮膚の薄い所は年齢を感じずにはいられない線が見られるようになりました。

 

もう鏡なんか間近でみたくないです。

 

それはさておき、顔の美醜に関係なく、

どんなに理想とはかけ離れたユニークな顔立ちでも肌がキレイというのは

かなりの攻撃力をもつはずであると

最近はシミジミ感じる私です。

 

 

 

そこで出ました

最近またちょっとブームになっている甘酒。

 

 

数年前永作博美さんが

「毎日おちょこに一杯飲んでいる」

と言われた甘酒豆乳(甘酒に豆乳を混ぜたもの)を試した時期があったのですが、

効果を確認する前に作った甘酒をダメにしてしまう事が続きやめてしまった事があります。

 

当時の私は現在のように(現在は目覚めた)

発酵にめざめていなかったから、

甘酒の管理もよくわかっていなかったのが

もうめんどくささ極まりなくやめる原因になりました。

(その後、塩麹に始まり、パン作りを再開、それも天然酵母をフルーツから作る、震災時スーパーにモノがない事から納豆も培養と現在発酵させるのが大好き人間になりました)

 

 

 

ふと目に止まるものが啓示だったりする

 

 

産後の自分の肌の衰えを否応なく感じていた今日この頃、ふと見たテレビの甘酒特集。

 

リポーターが訪れたのは何代も続く甘酒屋さん?で、そこの看板娘達に愕然としました。

 

二人の看板娘はニコニコと受け答えしていて、その肌はピッチピチのツ〜ヤツヤなおばさま達。

だいたい、そうね〜、50歳と67歳ってとこかな?なんて悠長に眺めてたら、

50歳→69歳(もうすぐ70歳ですよ!)

67歳→85歳(ちょーキレイ)

ぐらいだったのです!!

 

そしてそのピチピチ娘達は朝と晩、毎日欠かさず甘酒を飲んでいて、もう何十年も飲んでいるとか。

実年齢と見た目年齢約20光年!!

 

んも〜やるしかないでしょ!!

と手作り派の私は麹を買いに行きました。

でも年末の忙しさから急にめんどくさくなって出来てる甘酒と豆乳を(永作博美さんの事は忘れない)買ってすぐ作っていただきました。

 

 

 

甘酒の効能やいかに、、、!

 

 

するとどうでしょう!!

なんと2日目から、たった2日で、

肌のキメが細かくなり!

ピカピカと光る感じで!

エステに行ったみたいな肌を見たのです!

 

一週間で飲み干したので次はやはり麹から

作りました、炊飯器バージョンで。

 

味は、、、!!

なん、だ、、この差は、、、!!

申し訳ありませんが売ってるのとは比べ物にならないほどに超絶甘い!旨い!

 

肌はキレイになるし、美味しいし、

もうやめらんねーと大ハマり❤️

もうおちょこなんて小さくまとまったりしないわ!グラスに朝昼晩よ!!

 

でも次第に顔がまんまるになっていく事に

自覚はなく、気が付いた時には2キロも増えていましたyo!

 

みなさん、お肌のピチピチはもしかしたら

太ったせいで肌のセラミドが増えた為

だったら涙がとまりませんね。

 

 

長々とここまで読んでくださって感謝します、ありがとうございました。