読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

相手を変えるには自分を変える、それは超難関です

 

長く一緒に過ごす人との関係

 

どなたでも誰かにイライラしてしまうことは

人生で何度もあることだと思います。

 

物覚えの悪い後輩に

理不尽な上司に

理解のない親に

宿題を始めない子供に。

 

 

イライラする原因はどの記事かに書いますが、

「自分が思ったようにしてくれないから」というのが

大きな原因とおもわれます。

 

ましてや長い時間共に過ごす関係だと

不快な面が多ければストレスも半端ではないでしょう。 

 

 

自分が思ったようにしてくれないと

その人と過ごすのが億劫になったり不快になったりして

面倒なことになってきますよね。

 

 

 

そのような相手と長いこと過ごすのは結構つらい

 

 

いつも一緒にいなきゃいけないから、

こんなもんさ人なんてとある程度は諦めることもできますが、

それでもムカつくし

どうしたって嫌なことをしてくる。

 

そんな場合には考え方を少し変えて、

「そういう人だ」とわりきって付き合えれば

少しは楽になりますね。

 

更に言うと、

「私がこの気持ちを味わう為に相手はしてきている」

と自分の問題にすり替えて自分が変わろうとすれば

案外相手も変わったりします。

 

もうひとつ言うと

イラつく相手が親だったり配偶者だったり子供だったりした場合

その人のことを本気で考えてあげた時

なんでそんな性格なのか、そんな事するのか(言うのか)、

その生い立ちを探求してみたり、

そんな事をする原因を(劣等感が強かったり、見栄っ張りだったり)

理解しようとつとめてみて、

 

その時に

もう一生変わらない人だと諦めるか

私がこの人を変えてあげたいと思えるか

 

を検討する、という選択をしなければならないかもしれません。

 

 

 

相手を変えるのではなく?

 

 

どちらの場合も、

相当な自分改革が必要になると思います。

 

前者は「諦め」からの戦線離脱、別れも視野に入ってきます。

後者はそれまでの自分のやり方の根本的見直しが必要になります。

 

どちらもそういう意味で相手の事を本気で考えた場合は

今までの生き方や考え方が根底から覆る事になるでしょう。

 

 

 

 

諦めないで良くなってほしいと思うなら

 

 

後者の場合にスポット当てた場合を考えてみます。

 

今まで思ったようにやってきて相手は改善しなかった経緯をみると、

例えば相手を変えようとアドバイスしたり、

自分の考えが正しいとコンコンと説教したり、

相手にけしかけてみるものの、

なんら変わりはしないという事が実は多いのです。

 

というのも、いくら口で直せと言っても

相手は直そうとするどころか

言われてしまうと直す気すらわかないからです。

 

人は何歳になっても、近しい人からの否定的な指摘には反発を覚えます。

その人はその人なりに間違ってないと思いながら生きているし、

今の気持ち(例えば深酒した時に何故してしまったかという心境など)を理解してくれないくせに、

要求ばかりしてきやがるぜと、腹がたつのです。

 

それに、今までの生き方考え方を変えようとする事は

並大抵の事ではないからです。

 

生まれ育った過程に

その思考行動パターンが作られていますから簡単には覆したくないのが人間です。

触れられたくない部分もあるかもしれません。

 

 

一例として

相手を変えたい一つのパターンをあげてみます。

 

 

例えばうそばかりつく旦那さんであれば

それは例えば体裁を気にする性格だったりして、

なぜ体裁を気にしなければならないかというと

理想の姿でなければ許されなかった時代を経験しているからで、

本当の事を言う事が許されなかった環境を過ごした経緯があるからです。

 

ではそれを崩すには。

 

「どんな姿でもあなたの味方である」妻になり

それが真実だと思ってくれるまで諦めずに貫くことです。

 

相手が自分を信じるまで、どれほどの歳月を要するかはその人次第です。

案外と早いかもしれないし、

人を信じられなくなって過ごした時間だけかかるかもしれません。

信用を得るには「味方である」姿勢を貫き通すこと。

 相手が自分の姿勢に心を打たれるまでです。

 

 

これは本当に忍耐の作業です、何度も何度も試され、

相手は本当に信じて良いのかテストをしてくるでしょう。

 

そこでくじけずに信じてもらえた時、相手は変わっていることでしょう。

 

 

相手を変えるには自分が変わる

 

上記は例えですが、

相手を変えるための信頼を得ることは、

自分の考え方、行動を見直す事からはじまり、

自分との闘いから始まります。

 

 

それこそ自分の生き方をガラッと変えざるを得ない状況が始まるのです。

それは自分の信じていたものを壊すこと、

自分のやり方が間違っていたかもしれない事に焦点をあてるのですから

相当の苦行となります。

 

今まで自分がしてきた生き方を変えるという事です。 

 

本気で良い人生を歩んで欲しい人が近くにいる時、

試されているのは自分だったなんて

驚きますよね。

 

それほどの挑戦者が身近にいるという事は、

あなたにとっての好敵手だということですし、

打ち勝つ能力があるから相手は挑んできているのです。

 

長い戦いになるもしれません。

1人ではくじけてしまうこともあるでしょう、

 

ぜひ同じ環境の人たちで励ましあったり

辛さをわかってもらいながらやってみてください。

サークルでも同僚でも、ネット掲示板でもいいかもしれません。

身近にいない時もちろんこちらでもお話を伺います☆

実際そういうお悩みは多いです。

 

 

成果は急激でないし、すぐには目には見えないかもしれませんが、

自分が努力している事は

必ず報われます。

 

本気で向き合った人にこそ、

達成できる事は大きいはずです。

 

チャレンジを諦めずに負けないでくださいね!!