読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

元気になりたいのに

 

もうどうしたらいいかわからなくなっている

 

 

朝起きてつらい

 

昼になっても誰とも話したくない

 

夜が来て、もんもんと考えまくって眠れない

 

そしてまた朝が来て寝てないから何もなければ昼過ぎまで寝てしまう

 

 

これを繰り返している人いませんか?

 

 

この状態は心に体にプレッシャーがのしかかりもうどうしていいかわからないですよね。

 

でも解決しないから笑顔になんかなれないですよね。

 

でもこれを続けていると本当にこころの病気になってしまいます。

 

 

どうすれば落ち込みまくるのを打破できるか??

 

私が思う一番良い方法は、

感情をアウトプットすることだと思います。

 

 

感情を外に出すと

 

 

悩み抜いていると

その事しか頭になくなって

何をしてもその事で頭がいっぱいです。

 

そういう時は、誰の話も聞こえないし

テレビだってかかっているだけで見ていない。

 

頭の中はその事で埋め尽くされる=暗い気持ち、焦り、絶望=悲しい、辛い、死にたい

なんてことになってくるのです。

 

この状態から解放されるために

気分転換もなかなか良い効果を発揮しますが、

それが終わればまた悩みに付きまとわれます。

 

気分転換し続けて1日が終わってしまい

来る日も来る日も気分転換して

解決しなくてもいいやという選択肢もありかもしれません。

 

でも、悩みから解き放たれるには、

感情を外に出して(ぶちまけて)思いをあらわにする。

 

思いが具体的に外にでると次の思いが浮かんでくる。

次の思いに対しても感情をぶちまける、

すると思いもよらなかった考えが湧いてきたりするのです。

 

 

そこでしっかりと悲しみを感じてあげて

「泣く」「怒る」そして「泣く」。

 

こんなに溜め込んでいた感情を

わかってあげるのです。

 

時間はかかるし、

溜め込んでいた感情に触れるのは勇気の要ることです。

 

 

でも声にだす事は想像以上に大切です。

 

 

泣き、笑い、怒り、悲しむを体現する

 

その他に、「心から笑う」こと。

 

笑うって意外とそんなに簡単にできるものでもないですよね。

お笑いや漫画なども落ち込んでたら見たくもないし、

人と関わりたくないんだから話して笑うなんてしたくないんです。

 

でも笑いって全身運動とも言えるんじゃないでしょうか

面白いという信号が脳から体に発信されると、

笑顔になって笑い声が出て、

脈拍が速くなり呼吸も速くなり体が温かくなってゆく。

 

笑い終わったら心が軽くなっていることに気がつくのではないでしょうか。

 

 

何度も言いますが、

悩んでいたら1人で抱え込むのはほどほどにしましょう。

誰でも良いので聞いてくれる人、ペット、人形にぶちまけましょう。

紙に書きなぐりましょう。何枚も。

 

感情を押し込めてはだめです。

嬉しい・悲しい・嫌だ・許さん・会いたい・・

なんにもうまくいかないけど、

「本当はこう思ってる」と認めて、

繰り返す思考回路から抜け出せるよう練習してみてください。

 

練習を繰り返すうちに、自分の本当の気持ちに気がついて、なりたい自分に向かって進んで行ける日がきます。

 

きっと少しずつ笑顔が戻ってくるはずです。

あなたの笑顔は周りの人を幸せにするんですよ。

 

明るくて良いところがたくさんあるあなたを

思い出して、はやく元気になってくださいね☆