読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

結婚してから変わった妻

こんばんは☆少しずつ春の匂いを感じる

今日この頃ですが、いかんせん寒いですね💧

まだまだインフルエンザもノロウィルスも

油断できないのでこまめに水分で喉を潤して風邪予防ですね♪

 

さて。今日は「こんなはずじゃなかった!」

という心の叫びを、

男性側のご意見からまとめてみようと思います。

 

 

付き合っていた頃の妻

 

今の奥様とお付き合いを始めたのは何歳の頃だったでしょう?

10代ですか?それとも20代?

30代という方も、みな共通して

「ピンときた」からお付き合いを始めますよね、中には相手から強引に押されて付き合い始めるパターンもありますね。

それでも結婚を決めるには、

「ピンとこなくては」決められません。

中には、「ビビビッと来た!」人もいらっしゃると思います。

 

ではその決め手にはどんな事があったでしょうか。

 

・ダントツに可愛かった

・おしとやかだった

・一番の人気者だった

・家庭的だった

・キラキラ眩しかった

 

 

、、、などなど、胸を熱くトキメかせていたのではないでしょうか☆

お付き合いを始めて、気に入られようとオシャレしたり、面白い話をしようと気合いをいれすぎてすべってしまったり、

なんとかゲットしようとそれはそれは努力を重ねたのではないでしょうか。

彼女の反応が可愛くて、会うのが楽しみで✨

毎日がバラ色に輝いていた幻の時期でした。

 

 

いざ結婚を決める!

 

俺たち、付き合って3年たったけど、

俺にはお前しかいない。

 

なんてプロポーズした方はいますかー❤️

奥様はその言葉にイチコロだったのではないでしょうかねー❤️

 

ここまで潔く告白できたのには、

男の一大決心があったわけですね。

 

・この人で本当にいいのか!?(他にもいい女はいるかもしれなくない?)

・この人を一生守ってやれるのか!?

・一家の大黒柱になれるのか!?

 

自問自答を繰り返し、

彼女の可愛いい笑顔を見て、もしくは

安心感を覚えて、

 

やっとの思いで決心した結婚でした。

 

 

 

数年後。

 

変わり果てた妻に戸惑うオレ、、。

結婚前にはこんな事微塵も感じられなかった。

あの可愛かったあの子はどこに!!

 

《現状》

・とにかく口うるさく注意される。

・常にイライラしていて落ち着かない。

・冷たい。

・鬼のような形相をしている。

・ガサツになってしまった。

・ゲンナリさせる言動が目立つ。

・とにかく実家に帰る。

・たくましすぎる。

・怖い。

・自分を変えようとしてくる。

・信じられないものの言い方をする

・主導権がない。

・居場所がない。

・ほっそりしていた体つきだと思っていたのに、子供を産んでから別人になった。

 

 

と、挙げればまだまだ出てきますが、

ここまでではないにしても、多少は当てはまる方が多いのではないでしょうか。

 

なぜそんなにも変わってしまったのでしょうかねー。

 

 

あの頃の可愛かった妻に戻って欲しい!

 

どうしたら現状を変える事ができるのでしょうか。

でも現状を変えようとする男性よりも、

安易な選択をして気を紛らわしてしまう男性がこの世には多いのです。

 

何故なら、男はいつも追われています。

・男は一家を守らなければならない!

・男は死ぬまで下ろせないかもしれない責任という重い荷物を背負う事を決めて結婚した!

・奥さんとやり合うのはめんどう!

・仕事で疲れている!

 

様々な理由で現状に向き合うよりも、

ふわっと楽しい時間を過ごして紛らわした方が精神衛生上よろしいのです。

 

 

今のままでは嫌だ!と思ったら

 

もしもこのままじゃいけない!と思えたら、

それは素晴らしい一歩です。

 

やはり一家の導き手でしたね。

 

では何をどうしたら優しい妻に戻ってもらえるでしょうか。

 

私からの提案は、

妻がなんと言っているか聞いてみる。

ということです。

聞いてるよ!と言いたいですか?

それならこっちも文句はあるんだ!と思いますか?

 

そうです。

これはお互いに思いやりがないのです。

自分ばかり嫌な思いをしてるとお互いにおもっているのです。

冷たい奥さんは要求がまるで通ってない理由で夫を思いやれません。

冷たくされて嫌な気分な夫は妻を思いやれません。

 

 

でも現状を変えたいと思ったら、大大大チャンスなんです!

諦めてしまう妻がほとんどなのです💧

ですから、自分から変えようと思ったら、

まず「奥さんの気持ちを考える事。」

夫もとても大変ですが、妻もそれは一緒です。

どっちがどれだけ大変かを言い争っては解決には辿りつきません。なぜなら、どちらも互いが不得意な分野を精一杯務めているからです。

 

妻は妻で、家族の事を必死で考え、

疲れていても掃除や炊事をこなします。

貧血でも送り迎えをします。

できれば旦那さんと楽しくおしゃべりしたいのです。

 

膠着状態であるならば、

変えようと思えた勇者から、

どうぞ思いやりを持ってみてください。

 

あの頃の妻、いやそれ以上に素晴らしい妻になる日を夢見て頑張っていきましょう!!

 

奥さんにしてあげたらいい事はまた今度書いてみようと思います❤️

 

kokoronoiyashi.hatenablog.jp

kokoronoiyashi.hatenablog.jp