読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

つらく厳しい時こそ振り払うチャンス

こんばんは☆今日はどんな1日でしたか☆

いいことありましたか?

イキイキとすごせましたか?

 

いや、とても傷つく事があった、

最悪な日だったという人。

早く忘れたーい、もうヤケ食いしおわったけどまだくすぶっている人へ、

考え方を書いてみます。

 

 

嫌な日は自分を高めるチャンスの日

 

嫌な事が起きた時は、

なぜ自分がこんな目に会わなきゃいけないの?こんなに善良で勤勉に生きてるのに!

とか、

なぜあの人は私をこんなにも苦しめるの?

私が何をしたというの?

と、怒り戸惑い、傷つき落ち込み、

つらい人生だとうちのめされてしまいます。

そして、その苦しみが怒りを生み、

誰かに怒りを向けて攻撃する事で、

また新たなカルマを生み出してしまうのです。

 

 

人のせいにして終わらせないで

 

怒る事や人のせいにする事は簡単です。

しかし怒って誰かのせいにしても、それは解決を示す道を生み出してはくれません。

この事が起こったという事は、

何故起きたかを探求するチャンスなのです。

 

何故起きてしまったか。

何もしていない!身に覚えがないとしても、

他ならぬ自分に起こっているのです。

 

自分に起こっている事だと認める事は即ち自分が起こした事なのです。

自分が起こした問題の清算をしなければならないよ、ということなのです。

 

今まで生きてきた中のどこかでやってしまった事の償いか、

はたまた前世での償いか、

もしくは自分に組み込まれているDNAの遙か彼方とおい記憶の中でおこしてしまった事の償いなのかもしれません。

 

そのいつの時代にか起こしてしまった問題の種が、今実を結んだのです。

 

辛いですね、確かになぜ今!?なのでしょうか。

 

私が思うのは、

この人生で解決するために自分で設けた課題

ということです。

 

神様は越えられない試練は与えないとよく言いますよね、

つらく厳しいし、なぜ自分だけと思いますよね、しかしそれは他ならぬ自分が設定して生まれてきたと思うのです。

その課題を乗り越えるために、何度も何度も同じような問題が起こるわけです。

 

しかし、そんな辛い時でも、自分をサポートしてくれる人が必ずいます。

どうかその人達を大切にしてくださいね、

それは魂のクルーである事がほとんどですから☆

 

 

自分の課題を乗り越えよう

 

「これはいつの日かのカルマの清算。

自分で蒔いた種だからしょうがない事だ。

ごめんなさい。気づかせてくれてありがとう」

と手放しましょう。

自分に原因があるのだと思いましょう。

腹をたてるのを止めて、誰のせいにもせず、

認めて受け止める。

 

決して怒らず、気づけた事に感謝して手放せば、

必ず神様は次の扉を用意して待っていてくれています。

いつの日かの必ずご褒美がありますので、

楽しみに待っていてくださいね☆

 

なんて書いてますが、怒りを乗り越えるのは至難のワザかもしれません。

 

怒りを許し乗り越えることは、

即ちレベル解放の儀式を経たということです!!

 

手放すって容易ではないです。

でもみなさんが手放せるよう、私は応援しています。心から。