心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

デレデレ男を許さない女たち

こんばんは☆

 

明日は真冬に逆戻りする寒さらしいですよ、

今も雪が降り始めたところもありますかね?

雨が降るたびに春に近づくそうですが、

暖かくなる一方で花粉アタックも厳しくなってきますね、泣けてきます💦

 

 

ところで唐突ですが、

漫画の世界でよくある、

カワイイ女の子にチヤホヤされて鼻の下を伸ばしている男の人を、

怒り心頭で見つめている女の人の場面を、

アニメでは相当よくみますよね。

 

あの時の男性の心理と女性の心理の食い違いは目をみはるものがあります。

 

今日はその時の男の人の気持ちと女の人の気持ちを考えてみたいと思います。

 

 

男性側の心理

 

カワイイ女の子にもてはやされるのは、

男の夢ですよね!

まるで王様になったような☆

苦しゅうない、近う寄れ❤️

そしてその心には、本気も何もなく、ただ気分がよくて、ウハウハしてる感じでしょうか。

自分が世界の中心のような、あぁ女の子はカワイイなぁ、どの子にしようかなぁ❤️

なんていう、おつまみどれがいいかな!みたいなその時限りの気持ちとでもいいましょうか。

また、一人のカワイイ子が近寄ってきても、

気分がよくなっちゃいますよね♪

その時は頭の中がその事でいっぱいになっちゃう感じでしょうか☆

子孫をたくさん増やしたい本能が目覚めてしまうのでしょうか☆★

 

 

一方女性の心理

 

そんなデレデレした男の人を見た時には、

女の人はちゃぶ台を返したくなるほど怒りMAX!!

フェロモンを剥き出しにしてる女どもにも、

それになびく男にも、槍でもろとも串刺ししてやろうか!と烈火の如く怒るわけです。

 

これも、本能が目覚めているのでしょうね。

女性は男性を一家の守り手として大事にしようとしますから、他の女のところへ行かれてしまうと自分の家族が路頭に迷う怖さを本能で感じているのではないでしょうか。

女性は夫や子供を時間をかけて育ててゆくからです。

 

 

男女の気持ちのズレを直したい

 

子孫を増やし守る方法が、本能で違う男と女。

 

マンモスを狩っていた時からの体の仕組みは、未だ変わる気配はほとんどないみたいですから、

この手の諍いは当面なくならないのでしょうかね。

 

しかし、男性がマンモスを狩らなくなった分、闘争心や逞しさは衰えているのであれば、子孫をあちこちに残す力も衰退し、

一夫一妻制も精神力でカバーできる時代になっているのではないしょうか。

 

本能で子孫を残したい男性にとっては、

チャンスがあれば狙いたい気持ちを抑える事は修行とも言えるかもしれませんね!

(かといって浮気を肯定なんてしませんけど)

女性も、男性を縛り付けずに適度に息抜きさせてあげられて、且つ男性を称賛できる器量があれば、

きっと男性から大切にされるはずです。

 

しかし本能といえど、理性と知力をもって人間に生まれた以上は、大切な人を悲しませる事はしたくないものです。

 

男の人も女の人も、本能を超えて、

お互いを大切にして、仲良く暮らしていって、明るい未来を作って欲しいと思います☆

 

 

 

kokoronoiyashi.hatenablog.jp

kokoronoiyashi.hatenablog.jp

kokoronoiyashi.hatenablog.jp