心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

足を引っ張る人たち

こんにちは☆

今まで生きてきて、または現在において、

あの人といるとうまくいかなかった、という経験はありますか?

なかなかそのように感じる人は少ないかもしれません。

でも確実に足を引っ張る人というのは存在します。

それはどんな人でしょうか。

少し書いてみます。

 

寂しい人

寂しい人は友達が先に行くのをとても嫌がります。

いつまでも自分と歩幅を合わせて欲しいので、ちょっとでも息が合わないと感じれば、

その要因を潰しにかかったりします。

 

嫉妬心が強い人

これも寂しい人と似ています。自分より上にいかれると、なぜか自分の立場が危うくなると思い込んでいるのです。今まで同じだと思っていたのに先に進んでしまったら許せないのでもう一度自分と同じ地点かその下へ引き摺り込もうとしてきます。

 

不幸せだと思っている人

私たち、不幸せよねーだから傷を舐め合って生きていきましょうねーと

なぜか同じ人種とみなされ、少しでも幸せそうに見えたら許せないのです。

幸せそうにしている人たち全員が敵なのです。これも上の嫉妬の人とよく似ています。

 

依存心の強い人

依存心とは何かに執着することによりそれを愛だとか友情だとかと勘違いしてしまう偽りの感情です。

あなたがいなければ生きて行けないなんて言われてがんじがらめにされていたら、

その人にも自立のチャンスを与えましょう。ですが突然突き放すとストーカー化しますので、自分のことと相手のことをじっくり考えるいい機会と思って互いの内面に向き合ってみるのも、人生を変えてゆく機会なのかもしれません。

ただし、依存してしまう人もさせてしまう人も私は同じ仲間だと思います。

一度はそのような密な仲になったのですから、嫌になったからポイと捨てるのは

相手の気持ちをまるで考えていませんよね。相手が悪い、だけではなく自分にどんな非があったのかを省みることで互いに離れる時期は近いと知りましょう。

 

自分の周りにこのような人たちはいくらでもいると思います。

その人たちから足を引っ張られてもスルッと身をかわす方法は、あなたのステージをあげることです。すなわち

寂しくない・嫉妬しない・不幸せではない・依存しない。

要するに

今あるもので生きてゆけるならそれで幸せ。大切な人が健康ならそれが幸せ。

なりたいものになかなかなれなくても努力している自分を認めてステージをあげようとしている自分を知ること。

そしてその足を引っ張る人たちの幸せも願ってあげること。

 

原因不明の不調がなくなるように、

自分と周りの人のハッピーをしてゆく「想い」を育てて行きましょう(^-^)/