読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

無意識には癒しの効力がある

こんばんは☆

この記事を読んでくださるみなさま、お仕事や学業、家事に育児に日々お疲れ様です。

毎日心や体を休めることなく忙しくしていることと思います。

 

疲れにはいろいろあって、

・体の疲れ(筋肉疲労、眼精疲労、内臓疲労などなど)

・心の疲れ(エネルギー切れ、考えすぎ、悩みすぎなどなど)

さまざまな疲れがありますよね。

みなさんはどうやって癒していますか??

私は一晩寝れば治る

という方はうらやましい限りですね☆

でもこの「寝る」ということは確かに治療の中でも

一番重要視されていますよね。

病気の時、怪我の時、精神不安の時、もしくは処方される薬にも眠くなる成分が入っている時、(まあ入らざるを得ないものもあると思いますが)これらすべて安静にして

睡眠をよくとるように!とお医者さんから言われていると思います。

 

なぜ「寝ること」はそんなにも重要視されるのか?

それは体と心を休ませるため。

体と心が休んでいる間に、炎症を治すホルモンが分泌されたり、

胃腸の修復をしたり、成長ホルモンが出て細胞を活性化させたりと、

さまざまな治療行為を体が勝手にしているのです。(自然治癒力です)

 

この自然治癒という癒しの方法で、寝ることにも共通しているのが

「無意識」の状態です。

人は無意識の状態の時も癒しを得ます。

たとえば、ヨガや気功をする時もリラックスして心を鎮め、

呼吸に集中するため「無意識」の状態に近くなります。

また、ヒプノセラピー催眠療法)や、前世退行セラピーも、

心をリラックスさせて深い呼吸に集中し、トランス状態にしますが、

そのトランス状態はいわば「無意識」な感覚です。

ヨガや気功、セラピーのトランス状態という無意識の世界にいる間、

人は癒され、終わった後にはいろんな症状が回復していたりするのです

トランス状態といえば、夢中でゲームしている(ある一定の動作の繰り返しがよい)時パチンコをしている最中もトランス状態になりやすく、

その癒しで中毒性を感じている人も少なくないかもしれません。

 

寝ることが簡単で一番手っ取り早いと思いますが、

無意識の状態もぜひ味わってみてくださいね!

 

セラピー中の呼吸に意識するリラックス法は、主に自律訓練法といって、

お医者さんかセラピストの指導のもとに行いますが、

慣れてくると自分でもできるようになりますので、興味がある方は

調べてみてくださいね!(ただし自分でやろうとする時、疾患がある方は主治医と相談してからにしてみてくださいね。そして大事な時はしてはダメですよ、運転中は絶対禁止ですよ!)