読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の癒しブログ

生きるって難しい。でも答えは自分の中に見つかる。

大切な人たちはいつも一緒にいてくれる

こんにちは☆

今日は少し肌寒いお天気で、最近の暑さ慣れしてきた体が戸惑うような、

こんな日には体調を崩さないように気をつけてくださいね!

ところで、あなたには大切な人がいますか?

どんな人にもかけがいのない人というのはいるものですね。

それが友人だったり、おばあちゃんだったり、これから出会う人ということもあるかもしれません。

 

そんなかけがえのない人にたいして、どんな気持ちを持つでしょう?

ずっと一緒にいたいな、自分にはなくてはならない人だな、とか。

それが自分でもわからないくらい、気持ちが強すぎることはありませんか?

そんな時は何かしら弱っているときかもしれません。

 

悩みがあったり、体の調子が悪かったり、女性なら排卵期だったり、

満月だったり、(満月の時は潮が満ちるように感受性も高まっていますので、

いろんな感情が沸き起こるものです。)空亡はまさにその状態だったりします。

弱っている時は、安心感を求めたい気持ちが高まりますから、つい大切な人たちについて余計な気持ちを抱きやすくなります。

 

でもそのような不安な気持ち、例えばあの人がいなくては生きて行けない!といった恐怖がある場合は、それは現在のあなたの体験した思いではなく、

人類共通の恐怖であるのかもしれません。

今のあなたの不安は、あなたに直接的には関係ないもの。

現実には起きないことです。

ああなったらどうしよう、という気持ちはあなたのものではなく、

今生きている人や今まで生きてきた人の悲しい思いの積み重ねのかたまりがあなたにアタックしてきてるのです。

 

自分は今、なにか解決したくてもできないことがあるかな?もし不安があったとしても

自分には大切な人がいて、自分には自信を持てるポイントがあって、

今を存分に生きているんだ、という気持ちを思い出してみてください。

そして、不安、恐れのかたまりと、自分を繋いでいるコードを、

おおばさみで断ち切りましょう。

不安が強いとないかなか断ち切れないかもしれません。それを少しずつ少しずつ、

そして最後にはバッサリと断ち切りましょう。

そして断ち切った思いとごと空に帰ってもらいましょう。

自分のものではない思いに苦しめられている人は結構多いものです。

 

でも中には自分の体験として根強い悲しみが残ってしまう時もあります。

しかし、自分にとって大切な人というのは、いつの時代も一緒に旅をする仲間だということを知ってくださいね。

魂が地球を離れても、空であなたのことを見守りながら待っているということ。

あなたが地球を離れた時、再開できること。

そしてまた次に生まれる時も、近しい人として一緒に生まれてくるということ。

大切な人はいつも一緒に旅をする魂のグループだということを覚えておいてください。